So-net無料ブログ作成
検索選択

美容機器のイオン導入器でできる

美容機器のイオン導入器でできるイオン導入とはどういうことなのでしょうか。皮膚に浸透出来るものは小さな分子なので、美容成分でよく聞くコラーゲンやヒアルロン酸などの大きな分子は肌の奥へは入れません。ハロゲンはすべてこの陰イオンです。それが自宅で可能ならば、試みる価値はあります。イオン導入器に使われているイオンについて調べてみました。金属がイオン化した金属イオンはプラス電荷を持つ性質があります。肌の保湿力を高め、みずみずしい潤いを与えるために、イオン導入器によって必要な美容成分を肌に行き渡らせます。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織で構成されていますが、イオン導入器で栄養分を導入するのは真皮層で、導入する栄養分は、プラセンタ原液またはビタミンC誘導体です。水溶性の薬物のイオン的性質を使って、皮膚にわずかな電流を通し薬物を皮膚内に導入するものです。注射器を使わないという点から患者さんの負担をかけないというメリットがあります。手軽に美容成分を皮膚に送り込むエステ器機として、イオン導入器は注目されています。負イオン、隠イオンという名前もマイナスイオンにありますが、電気的性質で区分けされています。イオン導入という化学的な方法を利用した肌の美容機器であるイオン導入機は使ってみる価値がありますね。電解質の水溶液はイオンを含み電気的性質を持っているため、イオン導入機によって皮膚に微弱な電気を流して薬液を皮膚の深部までしみ込ませることができます。

最近話題のエステ器具にイオン導入器がありますが、イオンとは何なのでしょうか。お肌の老化を防ぎ、シミやしわのない潤う肌を保ちたいと思っている人は少なからずいます。イオンは原子または分子が電子を受け取るか失うことで電荷を帯びたものです。家電製品でもマイナスイオンが発生するものがありイオンは良く耳にします。このイオンの構成による分類があり、1つの原子からなるイオンを単原子イオンといい、複数の原子団からなるイオンを多原子イオンといいます。美容目的だけでなく医療の場でも使われており、今後の活用が大きく期待されている機器でもあります。研究活動は熱心に続けられており、病気の治療薬や麻酔薬などの薬剤のイオン導入方法が解明されつつあります。

家でエステに近いスキンケアをしたい人には、イオン導入器の使用も方法の一つです。負の電荷を持つマイナスイオンに対し、正の電荷を持つものをプラスイオンといいます。イオン導入方法を利用すれば、化粧品を直接肌に塗るよりも浸透性が優れていますので、美容効果も期待できるのです。薬液の電荷的性質に着目して作られたイオン導入器は、薬液を皮膚の内側に注入するプチ整形とは性質が根本的に異なります。この他に気相のイオンとして大気イオンがあります。綺麗でいるための効果的な美容機器にイオン導入器がありますがイオン導入器とはいったいどんなものなのでしょうか。

えぞ式すーすー茶

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。