So-net無料ブログ作成
検索選択

野菜の量を増やし

野菜の量を増やし、肉類や油ものは控えめにし、毎日少しずつでも果物を食べる習慣をつけたいものです。厚生労働省の健康づくりのための運動指針では運動の強さをメッツという単位で計ります。一日だけの激しい運動より、毎日継続して一定の運動を続けることが、メタボリックシンドロームを改善するためには必要です。メタボリックシンドローム予防の食事内容としては、簡易な目安として毎食を主食と主菜と副菜の3つで組み立てるように心がけましょう。

意図的に激しく体を動かさずとも、日々の生活に運動をしているという考え方です。無理なく運動量を増やすためには、生活の中で活動する部分を広げるところから始めましょう。ビタミンC、カルシウム、カロテンといった栄養そに、三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質を加えた6種類が厚生労働省が定めた基礎食品群です。運動をする余裕のない人や、毎日の生活で疲れ切って運動などできないけれどメタボリックシンドロームは防ぎたいという人はどうすればいいでしょう。

基本的に、和食で定食もののメニュー構成がメタボリックシンドローム予防に適しています。1エクササイズは1メッツの運動を1時間、3エクササイズは3メッツの運動を1時間という計算になります。運動の強さを現すメッツに運動時間を掛け合わせて運動量を算出しますが、この時の数字にはエクササイズという単位がつきます。丼ものは和食の中でも野菜が少ないので、丼ものなどを食べる時は野菜も一緒につけるようにすると共に、なるべく薄味のものを食べましょう。

納豆や豆腐などの大豆製品は良質なタンパク質を含んでいるので、肉よりは魚、大豆加工品がお勧めです。運動指針ではオフィスワークや立位も運動に含めており、炊事や洗濯も体を動かす行為であるとしています。ここでは生活活動の内容をメタボリックシンドローム予防の運動になると位置づけており、スポーツやジョギングでなくとも通勤通学の歩行なども運動に含んでいます。そして、丼やラーメンなどの一品ものは抑え目に。

ラポマイン

タグ:ラポマイン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。