So-net無料ブログ作成
検索選択

一つは返済から返済までの期間を

一つは返済から返済までの期間を縮める方法で、もう一つは月々の返済額を増やす方法です。めぼしい金融機関が決まったら足を運んで、一箇所だけでなくいくつかの金融機関に行ってみることが大切です。金融機関が決まったら住宅ローン借り換えの手続きの申し込みをします。毎月返済額圧縮型は期間圧縮型よりもかかる利息が大きいですが、家計への負担はより少なくて済みます。返済プランを見直すことで、住宅ローンの返済総額を減らし負担を軽減したいものです。

借り換えの審査を受けることになるので、金融機関に署名、捺印をした必要書類を出します。印紙税や保証料、事務手数料、登録免許税等は前回と同様にかかりますし、司法書士報酬なども発生します。教育費が数年で終わる人などです。経済的に余裕があって、まとまった貯蓄を持っている人が借り換えを検討することも考えられます。この時に持っていくといいものは、源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票などです。

住宅ローンの返済が負担になってきた際には、毎月返済額圧縮型の住宅ローンの繰上げ返済を選ぶ方法があります。前者が期間圧縮型、後者が毎月返済額圧縮型です。借り換えによって住宅ローンの返済額を減らすにはどうするべきでしょう。金利上昇の危険性を回避するには、より早く返済が済むタイプがおすすめです。固定金利型の10年型住宅ローンならば、返済の残りが15年以上の住宅ローンを組んだ人にとって借り換えがお得になる可能性があります。

借り換えの話もスムーズに進み、具体的な費用の話もその場で細々とした点まで確認できます。あらたに住宅ローンを借りるわけですから、初めに借りたときと同じように借り換えの場合にも諸費用が発生します。正式な借り換え手続きは審査が問題なく通ってからになります。当面の返済額を減らすような住宅ローンの借り換え方法がおすすめです。将来はローン返済資金が確保できる人もいます。

ダンディハウス池袋

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。